身の回りで使われている「読みやすく」「目立つ」4つのポイント

0
    JUGEMテーマ:グラフィック

    Contrast

    2色以上の色を組み合わせることを「配色」といいます。

    たとえ1色の色で塗ったとしても、背景となる色があるので
    2色の色を組み合わせていることになります。

    どんな紙の色かによって、同じ色でも見え方が違います。

    白い紙の上では「赤」や「緑」が目立ちますが、
    「黄色」は見分けにくい色になっています。

    逆に、黒い紙の上では「黄色」が一番見分けやすい色になっています。

    私たちの身の回りでは、この性質を利用して情報を見つけやすくしたり
    区別しやすくしたりしているものがあります。

    1:誘目性(ゆうもくせい)
      注意を向けていない対象の発見のされやすさ。

      「白」の背景に「赤」で表すことが多く、
       主に「禁止」を表す標識に使われています。

    2:視認性(しにんせい)
      注意を向けて対象を探すときの発見のしやすさ。

      「白」の背景に「緑」、「黄」の背景に「黒」など
      「非常口」「駅の出口」の案内に主に使われています。

    3:可読性(かどくせい)
      発見された対象の理解のしやすさ。

      タイトル、見出し、ロゴマークなど、
      背景と図や文字に明度差(コントラスト)をつけて
      見てすぐに理解できるようにしています。

    4:識別性(しきべつせい)
      複数対象の区別と認識のしやすさ。

      地下鉄の路線図や、電気の配線など、
      要素ごとに色や形を分けるなどして、
      一目で区別できるようにしています。

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    なわてんカウントダウン

    2019年度
    大阪電気通信大学
    四條畷キャンパス
    卒業研究・卒業制作展
    「なわてん」
    2020年2月8日(土)9日(日)

    開催まであと

    ここに文字が入ります

    twitter

    javascript calendar

    nawaten2018Countown

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 問題点とその原因を整理して、学内のゴミ箱でペットボトルが分別されていない問題について考えます
      N

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM